2015年08月05日

医療機関の脇脱毛


 脇の永久脱毛をするために、レーザーや光を使う技術が、発達しています。ムダ毛の再生を行っている毛根部分に特殊なレーザーを照射し、ムダ毛の再生を抑えるのが、レーザー脱毛の方法です。


レーザー脱毛のいいところは、現在、生えている毛を処理すると、ムダ毛の再生がされなくなることです。脱毛のためにレーザーを使いたい場合、エステや医療施設で脱毛レーザーによる永久脱毛をしてもらうか、家庭用脱毛器で自分でレーザーを照射するかです。


病院で脱毛をしてもらえるのは、脱毛が医療行為の一つと見なされるためです。保険は使えず、自己負担での脱毛施術になるので、医療機関を使っても費用はかなりかかります。


医療機関ごとに、脱毛に必要な予算が全く違っていることにも要注意です。純粋に価格だけを考えると、エステのほうが低価格です。


エステでは、割引きキャンペーンをしていることもあります。エステではレーザーに匹敵する高出力の器機での脱毛はできませんので、脱毛力は医療機関の方が優れています。


レーザー脱毛を希望するなら、医療クリニックの脱毛がいいでしょう。けれども、肌へのダメージややけどなどのトラブルは、出力が強いほうが起きやすくなります。


医療施設でレーザー脱毛をしてもらった場合、脱毛効果が高い分、肌への刺激は強くなりますが、肌荒れなどの問題か起きた時でも、医療機関なら薬の処方などもしてもらえます。


posted by femmy at 10:05| 永久脱毛の知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。